野球居酒屋 BUNT ブログ

名古屋の栄にある「野球居酒屋 BUNT」 の最新情報を店長松村が配信いたします!

RSS     Archives
 

高校野球

 
先週、鹿児島に応援にいってきた鹿児島実業主将・井戸田智也⚾

昨日、鹿児島県大会準々決勝で負けてしまいました…😢

2年春には兄貴也と共に2年生で唯一のレギュラーとして甲子園に出場して、昨年秋から主将になり1年頑張ってきました!

昨年の夏は鹿児島県大会準決勝で貴也がデッドボールで骨折して決勝にでられず準優勝に終わり、決勝にでれなかった兄貴の分や伝統高の重圧、同学年で唯一甲子園でプレーした経験でみんなをひっぱらないといけないプレッシャーなど、とても17才が背負えるものではないものと戦った1年だったと思います!

世の中では高校生活を部活に注いでることを青春とか綺麗な表現をされることが多いですが、そんな綺麗な表現をできないくらいの経験をしたんだなと、鹿児島で会った時の表情で感じました!

最後の試合はリードしていて8回9回で追い付かれ逆転されるという展開。

しかも決勝点は智也のとこにとんでいって内野安打。

たぶん智也はこの最後のシーンを一生忘れられないと思います。

自分も高校最後の試合、準々決勝で0-2で負けてしまったのですが、セカンドででていた自分の目の前で1個下の後輩のショートがゲッツーを焦り後ろにそらしてしまい決勝点になったシーンが何年たっても最近のように思い出されますし、ゲッツーを諦めてカバーにいけた後悔とか今でもあります。

あの試合からしばらく脱け殻のような生活を送っていましたが、大学でも野球をやれ、たくさんの仲間に出会い、今の自分がBUNTを13年もやれたのは、野球を真剣にやり、勝つ喜び、負ける悔しさ、野球の怖さも知り、仲間の大切さを感じれたからだと思います。

智也にとって昨日の試合と2年半の生活はなににも替えれない経験になると思います。

今は悔しい気持ちだけだと思いますが、この経験を生かし、これからの智也の人生に期待したいと思います。

2年半の高校野球生活、お疲れ様。

それにしても、セカンドで主将で、最後の大会四球ばかりで、大会前に腰痛めて、おれとほぼ一緒😅

あと、このブログ書いてて思ったけど、おれも年とったな…

ま、今でもずっと年下の貴也たちと熱く野球やれてるからいっか…(笑)

Comment


    
プロフィール

松村

Author:松村
名古屋の栄で野球人が集まる店「野球居酒屋 BUNT」の店長 まっちゃんです!
アットホームなおみせなので、ふらっと晩御飯に、お1人でも複数名様での入りやすいお店です!!ぜひ遊びに来てくださいね




カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 




QRコード
QR